ノルマンディー:印象派の足跡をたどる旅

インスピレーション

ノルマンディー文化・遺産

ak-folio / Getty Images
© ak-folio / Getty Images

読了目安時間: 0 分6 2月 2024 に公開、1 6月 2024 に更新

風に揺れる野外で、天気の彩りを捉え、空の調べ、水面のきらめき、太陽の光をキャンバスに刻み、大自然をそのままの美しさで詩的に描く…これが印象派の心髄でした。 ノルマンディーの風景は、芸術家たちに魅惑を授け、見る者の心に深い感動を紡ぎだすことでしょう。

「印象・日の出」の舞台 ル・アーブルの港

Severine Freres
© Severine Freres

日の出と日没時のセーヌ河畔の光は、その圧倒的な美しさで知られています。 クロード・モネは幼少期をル・アーヴルで過ごし、この地に魅了されました。のちに印象派の名前の由来となる、最も有名な絵画の一つである「印象・日の出」を描きました。「オーギュスト・ペレによって再建された都市」として世界遺産に登録されたル・アーヴルは、変わらず海とのつながりを大切にしその伝統を守り続けています。 マルロー美術(MuMa)では、印象派作品の貴重なコレクションを見ることができます。

ル・アーヴルを観光する(英語・フランス語)

ジヴェルニーで印象派体験

Thomas Le Floc'H / Normandie Tourisme
© Thomas Le Floc'H / Normandie Tourisme

ジヴェルニーの地では、印象派の巨匠クロード・モネが心を打たれた感覚を、まるで自らがその美に触れ、共鳴しているかのように心ゆくまで味わうことができるでしょう。 モネはここで、色と光に満ちた250点以上の油絵を制作し、「積みわら」、「ポプラ並木」、そして特に「睡蓮」の連作を描きました。 有名な睡蓮の池を見下ろす小さな木の橋を渡ると、感動が広がることでしょう。

ジヴェルニーを観光する(英語・フランス語)

トゥルーヴィルの浜辺

Thomas Le Floc  / Normandie Tourisme
© Thomas Le Floc / Normandie Tourisme

19世紀に「フランスで最も美しい浜辺」と讃えられたこの場所は、今もなお多彩な色のパラソルが溢れ賑わいを見せています。ブーダン、モネ、カイユボットなどの印象派の画家たちは、砂浜での楽しい昼食風景をスケッチしました。 潮が引き、風を感じながら、ノルマンディーのコート・フルーリーに沿ってオンフルールからドーヴィルまで続く散歩道では、美食の誘いに胸を躍らせることでしょう。

トゥルーヴィルを観光する(英語・フランス語)

オンフルール 絵になる街並み

Ferme Saint-Siméon
© Ferme Saint-Siméon

オンフルールは、150年前の面影が色濃く残る、印象派の画家たちが愛したノルマンディーの魅惑的な小さな港町です。 旧港からサント・カトリーヌ教会までの小道を散歩してみましょう。 丘の上にあるオーベルジュ「サン・シメオン La Ferme Saint Siméon」には、古くから芸術家や文化人たちが集まり、訪れる人たちにとって特別で贅沢な経験をもたらす場所となっています。

オンフルールを観光する(英語・フランス語)

活気ある港町 ディエップ

StockstudioX / Getty Images
© StockstudioX / Getty Images

ポール・ゴーギャン、カミーユ・ピサロ、ウジェーヌ・ブーダンといった印象派の画家たちや、イギリス人画家のウィリアム・ターナーは、ノルマンディーの、特に活気のあるディエップの港を好んで描きました。 現在でも、地元の人々や観光客は、波止場のカフェテラスでムール貝などの海の幸を堪能した後、町の高台にあるディエップ博物館を訪れ、印象派の代表作を鑑賞しています。

ディエップを観光する(英語・フランス語)

バルフルールで味わう海の幸

Stéphane Maurice
© Stéphane Maurice

コタンタン半島の小さな漁港・バルフルールは、フランスで最も美しい村の一つに数えられ、ムール貝をはじめ海の幸を堪能することができます。ポスト印象派の画家ポール・シニャックが愛でた風光明媚な風景、砂浜、そして変化しゆく空も、心に残る美しさとして見逃せません。

バルフルールを観光する(英語・フランス語)

ヴァランジュヴィルの崖の上から

AGaeta / Getty Images
© AGaeta / Getty Images

まるで空と海が一体となり、ディエップ湾を見下ろす壮大な崖の上に佇むヴァランジュヴィル・シュル・メールの墓地は、印象派の画家、音楽家、作家たちを感嘆の念に満たす場所です。 目前に広がる緑の草原と険しい崖が、海岸の白と海の青とが調和し、贅沢な風景を奏でています。

カーン美術館を探訪

Coraline et Leo
© Coraline et Leo

ノルマンディー上陸作戦の波打つ海岸を訪れた後、あるいはその前に、人々は平和への祈りを胸にカーンへと足を運びます。ここでは、ノルマンディーに心を打たれた印象派の画家たちの作品が、繊細なタッチで描かれたイギリス人水彩画家たちの作品と共に展示されています。

カーンを観光する(英語・フランス語)

フェカンの港で舌鼓

benkrut / Getty Images
© benkrut / Getty Images

エドゥアール・マネ、彼の絵画のモデルで義理の妹のベルト・モリゾをはじめとするマネ一家は、ノルマンディーの小さな海辺のリゾート、フェカンに深い愛情を寄せていました。 この歴史ある海辺の街は、1204年までノルマンディー公爵家の拠点でした。漁港であり、海辺のリゾートであり、芸術と宗教の巡礼地であるフェカンは、海と共に息づく真の生活様式がそこに宿っています。

フェカンを観光する(英語・フランス語)

Filliâtre Pascale

旅行ジャーナリスト。未知なるフランスをご紹介します。 filliatre.pascale@orange.fr

続きを見る