パリ ファッションウィーク

イベント

パリノウハウ&ショッピング

  • 日付2024年6月18日 ~ 23日まで
  • 場所パリ

© Ugo / Adobe Stock
© © Ugo / Adobe Stock

読了目安時間: 0 分8 6月 2024 に公開

パリで年に2回開催されるファッションウィークは、モード界における必見イベント。100以上のランウェイショーが催され、世界中の注目が「光の都」パリに注がれます。

ファッションウィーク期間中、パリはディオール、シャネル、ジャンポール・ゴルチエ、イヴ・サンローラン、ヴェルサーチェなどの一流ブランドのランウェイで躍動します。

ファッションウィークの見どころ

ファッションウィークはまさにマラソンで、1日に平均して15のショーが行われます。これらのショーは、重複を避けるようファッション連盟によって綿密に計画されています。

ファッションウィークは、フラッシュの輝き、派手な抱擁、そして各デザイナーが自身のコレクションに命を吹き込み、夢を生み出し、観客に自身のビジョンを印象づける感動的な瞬間で満ちています。

ファッションウィークの必見スポット

ランウェイの場所は毎年変わりますが、以下の場所は常に注目されています:

  • グラン・パレ
  • テュイルリー庭園
  • ルーブル美術館
  • パレ・ド・トーキョー
  • シャイヨー宮
  • 35-37
  • Espace Niemeyer
  • カルーゼル・デュ・ルーヴル

ファッションウィークの歴史

ファッションの首都として名高い4都市であるパリ、ニューヨーク、ロンドン、ミラノは、年に2回ファッションウィークを開催し、デザイナーやジャーナリスト、ファッショニスタたちを招きます。これらのイベントは、都市の経済にとって重要であり、フランスでは、パリ・オートクチュール組合の設立(1868年)と「オートクチュール」の法的名称の制定(1945年)に端を発します。

ファッションショーが本格化したのは1970年代以降で、特にヴェルサイユでのフランスのオート・クチュールとアメリカの服飾デザインとの「バトル」で顕著になりました。

80年代には、6,000人の前で行われたティエリー・ミュグレーのショーなど、壮大なイベントが続々と行われました。しかし、現在のようなパリファッションウィークが始まったのは1994年で、アイコニックなカール・ラガーフェルドによってカルーゼル・ド・ルーヴルで開催されました。

次回のファッションウィーク / オートクチュールウィークの日程

2025年-2026年の春夏コレクション:

🗓️2024年9月23日~10月1日

メンズの2025年春夏コレクション:

🗓️2024年6月18日~23日

 

オートクチュールウィーク(ファッションウィークとは別物)

2024-2025年秋冬コレクション:

🗓️2024年6月24日~27日

続きを見る