ヴォークリューズ:Huluオリジナル「神の雫/Drops of God」で巡るプロヴァンスの旅

インスピレーション

プロヴァンス美食とワイン自然&アウトドア・アクティビティ

シャトーヌフ・デュ・パプ
© Alain Hocquel - シャトーヌフ・デュ・パプ

読了目安時間: 0 分6年11月2023日に公開

ヴォークリューズは、栃木県との30年以上にわたる姉妹提携など日本との交流が盛んな都市として知られ、Huluオリジナル「神の雫/Drops of God」においては二人の主人公・一青とカミーユが物語を紡ぐための重要なロケーションの一つとなっています。 風光明媚な景観と歴史的遺産に恵まれ、シャトーヌフ・デュ・パプのワインとグラン・クリュを含むコート・デュ・ローヌ、A.O.C.(原産地管理呼称)リュベロン、A.O.C.ヴァントゥーといった、地域の半分以上が活気に満ちたワインの産地です。 二人の主人公と一緒にヴォークリューズの魅力を発見しながら、素晴らしい驚きを体験しましょう。

シャトーヌフ・デュ・パプ、神聖なるワインの王

02-vignes-balades-chateauneufdupape©Thomas-OBrien

カミーユが幼少期に味覚と臭覚を鍛え上げられ、一青の両親が結ばれ、一青が自身の最大の秘密を明かす場所…「神の雫/Drops of God」の、すべてはここから始まりました。 物語の重要な謎が展開されるのは、シャトーヌフ・デュ・パプのブドウ畑なのです。

物語と同様に、ヴァントゥーまで続くブドウの木々の間を旅してみましょう。 丁寧な手仕事で収穫されたブドウは、優雅な舞台で踊るように破砕され、樽の中で調和の美を奏でる完璧なブレンドを生み出すのです。 旅路は村の中心地、ローマ教皇の別荘がたたずむ古城跡と進みます。 ワインショップ「ヴィナデア Vinadéa 」では、アペラシオンの神秘を解き明かす生産者たちの秘密の世界を発見できるでしょう。 すぐ近くにあるワインのアトリエ「ヴィノテーク vinothèque」 では、ワインの試飲を楽しむことができ、香りや18種類ものぶどう品種の微妙な違いを感じる芸術を学び取ることができます。

料理とワインのペアリングを楽しみたいのであれば、ミシュランガイドの星付きレストラン「ラ・メール・ジェルメンンヌ La Mère Germaine」は外せません。ここで、心に残る素晴らしいランチやディナーを楽しむことができるでしょう。
■ ワインカレンダー 毎年8月が訪れると、この村はブドウの熟成と収穫を祝う ヴェレゾン祭 la fête de la Véraison の美しい季節を迎えます。シャトーヌフ・デュ・パプの土地と、そのワインを発見するための、特別な機会です。
03-degustation-vins-Thomas-OBrien

02-degustation-vin-chateauenufdupape©Thomas-OBrien (3)


愛と思いやりに溢れたヴァントゥー山

プロヴァンスの巨大な存在・ヴァントゥー山 は、まるで富士山のこだまのように、人々の運命を静かに見守っています。カミーユと一青がシャトーヌフ・デュ・パプのブドウ畑を歩いているときも、その存在は遠くの地平線にそびえたち、その姿はまるでワイン生産者の力強さを体現しているかのようです。

車、自転車、または徒歩... どのような登山方法を選んでも、この山の頂からは地中海、エクランの山々、そしてバロニー山脈など、息をのむほど美しい風景が広がります。ヴォークリューズの壮大なパノラマをご堪能ください。

verres-ventoux-Thomas-Obrien

その斜面や平野部には、時折、広大なブドウ畑が広がり、何世代にもわたる一族の冒険を語るかのように多くの農園が輝いています。 扉を開けると、ブドウの木と運命を織り交ぜたワイン職人たちに出会えるでしょう。
■ ワインカレンダー 毎年9月から10月にかけて、ヴァントゥーの味覚祭(Festival Ventoux Saveurs) 、週末には ファシナント・ウィークエンド(Fascinant Weekend) が開催され、地元の恵みを称える素晴らしい機会が広がります。ヴォークリューズの美味しさを思う存分堪能しましょう。

A.O.C.ヴァントゥー ホームページ (英語・フランス語)


ダンテル・ド・モンミライユで新たな感覚に出会う

ブドウ畑の中央を横切る ダンテル の小道で、カミーユは自身の感覚やルーツと再びつながり始めます。彼女と同じように、私たちも、彼女と同じように、香りや風、そして緑、輝く光など、多彩な要素に導かれながら歩みを進めましょう。

dentelles-de-montmirail©Stéphanie-Maisonnave

山々の頂上に到達すると、美しいブドウ畑や村々、そして荘厳なヴァントゥー山の全景が出迎えてくれることでしょう。 ワインのアペラシオン名の語源となった山塊のふもとに座するジゴンダス村には たくさんのドメーヌ があり、ミシュランの星付レストラン「ルスタレ L'Oustalet」 で素晴らしいランチやディナーを楽しむことができます。

その数km先にはサブレ Sablet や、フランスで最も美しい村のひとつに挙げられているセギュレ Séguret があり、それぞれアペラシオンにその名を冠しています。

vignes-dentellesdemontmirail©Guenhaël-Kessler


アヴィニョン:ワインの神々が集まる祭典

新たな謎が次々に訪れ、ローマ法王選出のような緊迫した瞬間が訪れる密室の中で、カミーユと一青の運命が揺れ動く瞬間がやってきます。 彼らの運命を象徴するのに、中世の100年間にわたりキリスト教信仰の世界首都として栄えたアヴィニョンほどふさわしい場所はありません。 ロケ地となったアヴィニョン大学(1303年に創立されたヨーロッパで最初の大学のひとつ)は訪れることができませんが、アヴィニョン教皇庁 le Palais des Papes 、サン・ベネゼ橋 Pont Saint-Benezet (Pont d'Avignon)、ユネスコ世界遺産に登録されたアヴィニョン歴史地区 の街並みなど、この街の雰囲気に浸りましょう。 ローヌ渓谷のワインを堪能するなら、カレ・デュ・パレ Carré du Palais(ワインバー/ビストロ/レストラン/試飲セラー/ワインスクール )がおすすめです。 ミシュランの星を獲得したレストラン「ミランド Mirande 」、「ラ・ヴィエイユ・フォンテーヌ La Vieille Fontaine 」、「ポレン Pollen 」では、洗練された料理をお楽しみください。 ロシェ・デ・ドム公園(Rocher des Doms)まで散歩すると、コンパニョン・デ・コート・デュ・ローヌ(Compagnons des Côtes-du-Rhône)の都会的なブドウ畑が目に飛び込んできます。

■ ワインカレンダー 春の「エスティヴァル・デュ・ローヌ Estivales du Rhône 」、8月の「バン・デ・ヴァンダンジュ Ban des vendanges 」、11月の「ミレヴァン(新酒試飲会)Millévin 」…ローヌ渓谷のワインのあらゆる側面を発見する機会がたくさんあります!

palaisdespapes-avignon©lezbroz (2)

まだまだ続きます


オランジュ:ブドウ畑に囲まれた、風光明媚なローマ時代の町

オランジュとシャトーヌフ・デュ・パプをつなぐ道は、ブドウの木で彩られています。 世界で最も保存状態の良い古代ローマ劇場 、その周辺および凱旋門はユネスコの世界遺産に登録されていて、ローマ時代の遺産を探求できます。 ローマ劇場では、音楽とAI技術を駆使した「オディッセ・ソノール L'Odyssée Sonore 」が訪れる人々を魅了します。


ヴォークリューズでワインの冒険

ワインカーブのガイド付きツアー、ワイン・テイスティング入門ワークショップ、ブドウ畑の散策、自家製ワインの作り方教室、ブドウ収穫体験、1日ワイン生産者になったり、ワイン生産者と一緒にピクニックを楽しんだり...... ヴォークリューズで、贅沢なワインの冒険 (英語・フランス語) をお楽しみください。

vue-sur-les-vignes-dentelles-de-montmirail©lezbroz

France.fr Rédaction

France.fr編集部はフランスのトレンドや最新のニュースをお届けします。

あわせて読みたい