シードル街道で巡る秋のノルマンディー

インスピレーション

ノルマンディーノウハウ&ショッピング文化・遺産美食とワイン村&田園地帯

ノルマンディーでシードル用のリンゴを収穫する
© C. Bosschard - ノルマンディーでシードル用のリンゴを収穫する

読了目安時間: 0 分17年10月2019日に公開

秋のノルマンディーは食べごたえあり…そして嗅ぎごたえもあり。シードル用のりんごの香りとカルヴァドスの一度目の蒸留でたちのぼる湯気が、ペイ・ドージュの果樹園の木陰の道に漂います。シードルのメゾンはもちろん、市場や村々、あちこちに活気があふれるこの地で、カルヴァドスは「ノルマンディーの恋人」と呼ばれるにふさわしい存在です。

赤く熟すクラック・ペパンをシャトーで見学する

シャトー・ドゥ・サン・ジェルマン・ドゥ・リヴェchâteau de Saint-Germain-de-Livet
© C Bosschard - シャトー・ドゥ・サン・ジェルマン・ドゥ・リヴェchâteau de Saint-Germain-de-Livet

周囲を堀に囲まれたシャトー・ドゥ・サン・ジェルマン・ドゥ・リヴェchâteau de Saint-Germain-de-Livetには、15世紀に建てられた木組みの邸宅、16世紀に石とレンガで造られた館があります。シャトーは、数々のフレスコ画や優れたコレクションを有しています。庭園の端にひっそりと広がるリジューの保護果樹園もその一つです。サン・フィリベールやクラック・ペパンといった希少種を含む、150種ものりんごが植えられています。 シャトー・ドゥ・サン・ジェルマン・ドゥ・リヴェについて(フランス語)

カルヴァドスの歴史を分かち合う

「カルヴァドス・エクスペリエンスCalvados Expérience」の展示室では、ヴァイキングの侵略にアメリカ人の上陸といった、ノルマンディーの歴史を語る上で外せない出来事を紹介しています。ここはペール・マグロワール社のかつての醸造所であり、特殊技術を駆使したアトラクションでノルマンディーのシードルから作られるブランデー、カルヴァドスの製造についても説明しています。 カルヴァドス・エクスペリエンスについて(英語)

りんごの収穫に参加してみる

ノルマンディー、シードル街道にてリンゴの収穫
© Calvados Attractivité - ノルマンディー、シードル街道にてリンゴの収穫

「カルヴァドス・タイムCalvados time」は5月から12月にかけて実施され、マノワール・ドゥ・グランドゥエ社の果樹園でりんご収穫に参加するなど、さまざまな体験イベントが企画されています。17世紀の木組みの住居やりんご圧搾機が隠れるよう谷底に佇むのはシードル街道の最初の道程、カンブルメールの周辺です。このあたりは、美味しいものが集中している地区として知られています。80頭の乳牛が、りんごの幼樹が植えられた果樹園を見守っています。かつて蒸留所として使われていた場所に設けられた商店には、カマンベール、リヴァロ、ポン・レヴェックなど地元の特産のチーズと共に、りんごのジュース、ペイ・ドージュのAOPシードルやAOPカルヴァドスが並びます。 マノワール・ドゥ・グランドゥエ社公式サイト(フランス語)

カーヴではかぐわしい香りを吸い込んで

ノルマンディーのシードル街道にて、ピエール・ユエ社のカーヴ
© C. Bosschard - ノルマンディーのシードル街道にて、ピエール・ユエ社のカーヴ

コカンヴィリエCoquainvilliersにあるリウ・シェリ社はもちろん、クロ・ドゥ・ユヴァリエールClos de la Hurvanièreのシェ・ロジェ・グルー社、あるいは家族経営のピエール・ユエ社もまた等しく、AOCカルヴァドス製造にあたり、5世代にわたって規則を遵守しています。9月になると、それまで1年かけて樽の中で発酵させたシードルを、薪を燃やして熱した蒸留機へと移します。こうして、樫の樽で熟成させる前に、蒸留を2回行なうのです(ダブル蒸留)。かぐわしいりんごの香りがのぼりたち、牛たち、馬たちの鼻腔もくすぐります。 シェ・ロジェ・グルー社公式サイト(フランス語) ピエール・ユエ社公式サイト(フランス語) リウ・シェリ社公式サイト(フランス語)

りんごの樹の下でのんびりと

ドメーヌ・デュ・コック・アンシャンテ
© Le Coq enchanté - ドメーヌ・デュ・コック・アンシャンテ

カンブルメールCambremerにひっそりと広がる「ドメーヌ・デュ・コック・アンシャンテDomaine du Coq Enchanté」。3ヘクタールの果樹園、幾つものシーソー、樽の形をしたサウナ、マッサージが受けられるツリーハウス、ヨガ体験ができるドーム型の建物が、「ビュル(気泡)」と呼ばれるエアテントや、移設された圧搾機や蒸留機などとともに敷地内に並んでいます。ペイ・ドージュのシードル街道にある魅力的なスポットの一つです。 ドメーヌ・デュ・コック・アンシャンテ公式サイト(フランス語)

リジューの大聖堂で禁断の果実探し

ノルマンディーのサン・テレーズ大聖堂と、リンゴの木の下の牛
© E.Paccaud - Lisieux Normandie - ノルマンディーのサン・テレーズ大聖堂と、リンゴの木の下の牛

神秘の殿堂、リジューのサン・テレーズ大聖堂は、美術史的価値の高い建造物でもあります。祭壇後方の右寄り、黄金とガラスのペーストを用いた花模様のモザイク画には、好奇心にかられてりんごの樹から実をもぎ取ろうとする人の姿を見てとることができます。「とはいえ、実は聖書では、禁断の果実がりんごだとはいってないんですよ」とは、大聖堂を管理する事務局の碩学の長、エマニュエル・ウイスの言葉。 サン・テレーズ大聖堂(フランス語)

迷路で迷子に

ノルマンディー、ペイ・ドージュの庭園
© C. Bosschard - ノルマンディー、ペイ・ドージュの庭園

カンブルメールにある庭園「レ・ジャルダン・デュ・ペイ・ドージュles Jardins du Pays d’Auge」を手がけたのは、りんごの苗木の生産・販売業を営むノップ夫妻(ルイとアメリー)です。生い茂るスイカズラの間やツゲの樹迷路を進むと、りんごの圧搾機と蒸留工房が現れます。散策の締めくくりには、クレープに舌鼓を打ち、りんごジュースやしゅわしゅわと泡立つシードルで喉を潤しましょう。 レ・ジャルダン・デュ・ペイ・ドージュ(フランス語)

さらに詳しく ・ノルマンディー地方公式サイト(英語)

de Crozet Aliette

あわせて読みたい