シャンパーニュとブルゴーニュの間にある国立森林公園で秋の味覚を楽しむ

インスピレーション

ブルゴーニュシャンパーニュ美食とワイン自然&アウトドア・アクティビティ

Matthieu Delcamp
© Matthieu Delcamp

読了目安時間: 0 分26年10月2021日に公開

新しくできた国立森林公園では、トリュフ、キノコ、チーズ、そして普通のリンゴジュースまでもが、再発見された宝物のように味わえます。5,000万本の木の麓、千年の歴史を持つ大修道院や淡い色の石造りの村、乗馬道や多くの川に沿って発見することができます。ここでは、東部地域とブルゴーニュ、オートマルヌとコート・ドールが良い意味で調和しています。秋になり、ブナやトネリコ、ナナカマドに混じってカエデが黄、赤、金色に染まると、それはもう贅沢な時間となります。

ビュール・レ・テンプリエでトリュフを堪能する

 CDT Haute-Marne / Adobe Stock
© CDT Haute-Marne / Adobe Stock

黒トリュフよりも有名ではありませんが、ブルゴーニュやシャンパーニュのトリュフも同様にデリケートで、掘り出すのに苦労します。しかし、ペリゴール・トリュフとは異なり、ブルゴーニュ・トリュフは野生でも森の木の下で見つけることができます。中世の美しい村、ビュール・レ・テンプリエでトリュフを栽培しているファブリス・ブレ氏、クリスティーヌとジャン・シャルル・デュパティ夫妻は、9月から12月までのシーズン中、訪問者をトリュフ狩りに案内しています。犬がトリュフを見つけた時の吠え声は何とも言えません。グレー・トリュフの繊細なヘーゼルナッツの味は、狩りの後の試食会や、村のレストラン「Sabot de Vénus」の極上のテーブルでお楽しみいただけます。

オーブリーブ修道院で希少なリンゴジュースを味わう

 CDT Haute-Marne
© CDT Haute-Marne

フランスで一番新しい国立公園の貴重な産物を持ち帰ってみませんか?オーブリーブ修道院までドライブ、サイクリング、もしくは乗馬してみてください。1135年にシトー派の修道士によって設立されたこの施設は、現代美術の優れたコレクションで有名ですが、パリコミューンの一員だったルイーズ・ミシェルが投獄されたことでも知られています。きっと彼女もオーブ川が流れる修道院の牧草地で休息をとっていたことでしょう。古いリンゴの木が幹を曲げて、マルク・プティやレベイロールの彫刻と並んでいます。Croqueurs de Pommes協会が管理するこの温室の果樹園では、例年1500リットルの有機リンゴジュースが生産され、その場で限定販売されています。

オーブリーブ修道院

ヴォ―・スー・オービニーのラングルについての全てを知る

 CDT Haute-Marne
© CDT Haute-Marne

オーブ川、ウルス川、セーヌ川などの湧水が交差する給水塔であるラングル台地は、国立森林公園の東部を形成しています。AOPを取得したクリーミーなオレンジ色のチーズにその名を冠しています。Fromagerie Germainフロマジュリー・ジェルマンには、この小さなチーズがどのように作られているかが理解できる通路があります。ショップで地元の商品を購入した後、ヴァンジャンヌの爽やかな峡谷でピクニックに出かけることができます。

Fromagerie Germainフロマジュリー・ジェルマン

セーヌ川のほとりでハーブティーを飲む

aliettedc
© aliettedc

シャムソンの美しい村には、すぐ近くに源泉があるセーヌ川のほとり、テラスがあります...幅が狭くて穏やかな川は、魅力的な石橋の下で長い蛇行を形成しています。このような牧歌的な風景とはかけ離れた、カフェ「les Z'uns possibles」の内部には、造形作家ファビアン・アンソーのこだわりと作品が見られます。川のほとりにあるこの小さな家の、彼のスタジオに隣接するラウンジは、まさに好奇心の宝庫です。絵画、本、帰化動物、セーヌ川で集めた「bois caressés愛撫された木」など、すべてのものが肩を並べて、博識で遊び心のあるジャングルを形成しています。庭園で採れたハーブティーを飲みながら、時間を忘れて過ごすのに最適な場所です。

les Z'uns possibles

モンティニー=シュル=オーブの忘れられたフルーツを味わう

Côte-d'Or Tourisme
© Côte-d'Or Tourisme

このお城は、フランスで最も素敵なお城の一つです。実際、ルネッサンス様式の本館には、アメリカのハリー・トルーマン大統領が滞在したこともあります。7種類のイチジクが植えられているイチジク園や、9つの果物園(うち1つは赤いフルーツだけを集めたもの)、あるいは19世紀に作られた菜園もあります。この菜園には250本以上の果樹があり、様々な品種の果物ががたくさん植えられています。菜園で採れた野菜と一緒に、農家のテーブルや公園の木陰で、その場でお召し上がりいただけます。

モンティニー城

クレマン・ド・ブルゴーニュのルートを歩く

Marie Salomon - OTPC
© Marie Salomon - OTPC

ワイン街道のシンボルであるヴィックスの壺は、1400リットルのワインを入れることができました。これは、6世紀の王女の墓の発掘結果をシャティヨン・シュル・セーヌで発表したヴィックスの宝の中でも、特に重要なものです。しばらく休んでいたブドウ畑が、再び丘陵地を覆っています。公園の端では、AOPであるクレマン・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュのスパークリングワイン)のルートがシャティヨン地区を通っており、美しい停留所があります。例えば、ドメーヌ・ブリガンの庭には、120種類ものブドウの木が生えています。

クレマン・ド・ブルゴーニュ街道

クルバンで星空の夜を楽しむ

Château de Courban
© Château de Courban

ツタに覆われ、ブドウ畑に囲まれたブルジョワの家は、それだけで魅力的です。元インテリアコーディネーターのオーナーは、布張りのワードローブや独立したバスタブなど、カントリーシックなスタイルで全24室を構成しています。暖炉の前でお酒を飲んだ後は、ピンクのレンズ豆や森のキノコなど、この地域の美味しさを知り尽くしたシェフ木下隆氏の料理をお楽しみください。食後にはパティシエールの長谷川紗枝さんのデザートが待っています。

クルバン城

de Crozet Aliette

あわせて読みたい