カルチュラル・オリンピアード:アートがパリ2024の舞台に

インスピレーション

文化・遺産

MartinChang/MC/SIPA PRESS
© MartinChang/MC/SIPA PRESS

読了目安時間: 0 分21年11月2023日に公開

オリンピック・パラリンピックはスポーツの境界を越えます。 ピエール・ド・クーベルタンが創始した大会から100年以上が経ち、今日でもスポーツと文化が共存するイベントとして続いています。1948年のオリンピックまでは芸術種目競技が行われていましたが、2024年パリオリンピック・パラリンピックも例外ではありません。 パリ2024の期間中、フランス全域で数百の文化イベントの開催が予定されています。

2024年の夏が終わるまで、音楽家、ダンサー、俳優、写真家など様々なアーティストたちが、フランス全土のあらゆる施設を占拠します! フランス本土とその海外領土では、誰もが参加できる数百ものイベントが計画されています。大会が始まるまでの間、皆様とオリンピック精神を分かち合う絶好の機会となることでしょう。
ヴェルサイユ宮殿、プロヴァンス地方のマルセイユのヨーロッパ・地中海文明博物館(MuCEM)、パリではヴィレット・グランド・ホールやオペラ・ガルニエなど、振付家のムラッド・メルズーキやラファエル・ボワテルからバルタバスまで、様々な場所で著名なアーティストや新進気鋭の才能が登場します。

パリ2024でのフランス映画

 Cine-concert le Roman de Carpentier *© CNC

パリオリンピック・パラリンピックの数ヶ月前から、スポーツ、そして映画の知識を深めてみませんか? カルチュラル・オリンピアードの一環として、フランス国立映画・映像センター(CNC)は、フランスの多くの都市で2本のサイレント映画を上映します。 ボクシング・チャンピオンのジョルジュ・カルパンティエ Georges Carpentier の英雄譚を、マキシム・ダングル Maxime Dangles のエレクトロ音楽に乗せて描く『Le Roman de Carpentier』(1913年)、フランスラグビーチームの舞台裏と、選手たちの熱狂的な人気を物語る短編映画『La Grande Passion』(1928年)。どちらもこのシネマコンサート用に修復されました。コンサートは、作曲家であり演奏家でもあるヨハン・パーシヴァル Johann Percival によって行われます。

・公演スケジュール

『Le Roman de Carpentier』 2023年11月22日:トゥールーズ Cinémathèque de Toulouse 2024年1月26日:ヴァランス LUX Scène Nationale de Valence 2024年3月23日:エピナル イマージュエスト主催の映画祭
『La Grande Passion』 2024年1月25日:ヴァランス LUX Scène Nationale de Valence

スポーツ関連の展示会

カルチュラル・オリンピアードは、フランスのスポーツ文化を知ることができる絶好の機会。 2023年のヨーロッパ文化遺産の日では、スタジアム、プール、競馬場、オルセー美術館など多くの施設でスポーツ遺産や芸術的なパフォーマンスを楽しむことができました。この秋も、美術館や公共施設でスポーツをテーマにした展覧会がたくさん開催されます。
ラグビーワールドカップ2023 フランス大会開催に伴い、オクシタニー地方のジェール県立公文書館では、ラグビーのルーツを紹介する展覧会「Du Coq à l'âme」を開催。 クラブや個人から約2年の歳月をかけて収集された約100点を展示します(2023年10月13日から2024年1月26日まで)。 この展覧会は、ラグビーファンにとって必見です。参加者は講演会に出席したり、アーカイブ資料を読んだり、ラグビーに関連した本を読むことができます。
2023年秋は、カルチュラル・オリンピアードの一環として、スポーツ関連の展覧会が他にも開催されます。 パリでは、軍事博物館が公共空間でスポーツの勝利を祝うイベントに焦点を当てており、同時にパリ装飾芸術美術館では、衣服やアクセサリーのコレクションを通じてスポーツとファッションの関係を紹介しています。 ニースの国立スポーツ博物館では、「Les Elles des Jeux(女性たちの競技)」と題し、スポーツでの活躍によってスポーツ界に男女混合の発展に貢献した女性アスリートたちに敬意を表しています。

2024年 必見の文化イベント

フランスでのオリンピック・イヤーには、様々なカルチャーイベントが予定されています。春には、聖火リレーがオクシタニーのカルカッソンヌの城壁やノルマンディーのモンサンミッシェル湾などを通過し、地域や観光地で芸術的なパフォーマンスを楽しむ機会が提供されます。
カルチュラル・オリンピアードでは、アーティスト志望の若者や将来のアスリートたちが重要な位置にいます。6月21日から23日まで、アマチュアのアーティストがショーを行います。これは最初の選手団の到着から1ヵ月前の開会式に向けたウォーミングアップや練習のための音楽祭です。
公共の場に展示される美術作品や、自転車で演奏するミュージシャンなど様々なパフォーマンスが行われ、オリンピック競技期間中や夏の期間中、観客に楽しさを提供します。

詳細はこちら

こちらもお読みください: 2024年パリオリンピック・パラリンピック特集

France.fr Rédaction

France.fr編集部はフランスのトレンドや最新のニュースをお届けします。

あわせて読みたい