注目の品:カヌレ

インスピレーション

ボルドー美食とワイン

160g Magazine
© 160g Magazine

読了目安時間: 0 分22年11月2017日に公開

ボルドーには、伝統的な味わいがあります。カヌレもその一つ。表面はパリパリとし、中はもちもちとしているカヌレは、シンプルであり完璧なスイーツと言えます。現在でもそのレシピは、古典的な味から殆ど変っていません。

名称:カヌレ(フランス語では、canelé または cannelé) 起源:18世紀、ボルドーの女子修道院(couvent des Annonciades) 大きさ:伝統的なサイズは、5cm 長所:__シンプルなこと
__短所:
保存料を使用していない場合、すぐに食べなければならないこと

特徴:

  • 銅製カヌレ型で焼くこと。
  • 綺麗なこげ茶色の外側。表面にキャラメルが塗られ、パリパリの食感が楽しめること。
  • 内側は、気泡がありもちもちとした食感。
  • バニラとラム酒フレーバー。

さらに足を延ばして:

Guilhen Émilie

パリ在住の企画・編集者、エディトリアルデザイナー

あわせて読みたい