ニューカレドニアのハート型の地形

インスピレーション

ニューカレドニア自然&アウトドア・アクティビティ二人で

超軽量飛行機から見たヴォーのハート。
© cachou44 / GettyImages - 超軽量飛行機から見たヴォーのハート。

読了目安時間: 0 分12年2月2019日に公開

「天国に一番近い島」ニューカレドニアの「ヴォーのハート」は、マングローブ林に囲まれた自然の土地で、生態系保護のシンボルとなっています。

ニューカレドニアのヌーメアから300kmに位置するグランドテール島の西側にあるヴォーのハート(カナック語で「Vook」)の写真。ラグーンに沿って、マングローブに囲まれた4ヘクタールの林間の空地(「tanne」)で、まるで人が作ったようなハートの形は広く知られるようになりました。

1999年、写真家ヤン・アルテュス=ベルトランがユネスコの後援で制作した写真集「空から見た地球」を発表し、その表紙に掲載されたのがヴォーのハートでした。400万部以上の大ヒットとなるこの写真集とともに、この有名なハートは、Tシャツ、切手、手帳などさまざまな形で人々の目に触れるようになりました。今では写真家と同じように、超軽量飛行機で空から体験することができます。当時よりも一層生い茂ったマングローブはくっきりとした緑色のハートを海の上に形作っています

ヴォーのハートは、マングローブの林に囲まれた4ヘクタールの自然の土地から形成されています。
© Abinormal / GettyImages - ヴォーのハートは、マングローブの林に囲まれた4ヘクタールの自然の土地から形成されています。

別の楽しみとしては、オフロード車でのドライブ、またはカトゥペマシフのウォーキングで3時間の森林浴の散策です。最も勇敢な人たちは約700メートルで頂上まで登り、他は400メートル地点における展望の最初のプラットフォームで終了することもできます。見下ろす眺めは、この大自然豊かな海岸のグリーンとブルーの濃淡が織り成す繊細な表情を超えて、ハートのすべてを表現しています。

肥沃な土地

ヴォーの中心部には、19世紀後半に植民地化されたこの地の果ての歴史と、20世紀初めのコーヒー栽培の中心地があります。住民は一年に300トンもの量を収穫していました!素晴らしいエコミュージーアムでは、コーヒーに関する期間限定の展覧会が開催され、アラビカ種のコーヒーを味わいながら、見学することができます。今日では、ニッケルとともに、開拓者の子孫が生計を維持するために、牧畜と水産養殖が行われています。マングローブの女性たちは、毎年100トンのカニを釣っています。これは、この生態系の重要性を物語っています。

Delorme Anne-Claire

旅行ジャーナリスト

あわせて読みたい