2024年パリオリンピックの競技会場:伝統的なモニュメントから環境に配慮した会場まで

インスピレーション

スポーツ・アクティビティ

パリの中心部にあるグラン・パレでは、2024年にフェンシングやテコンドーをはじめとする多くのオリンピック・パラリンピック競技が開催されます
© Mirco Magliocca - パリの中心部にあるグラン・パレでは、2024年にフェンシングやテコンドーをはじめとする多くのオリンピック・パラリンピック競技が開催されます

読了目安時間: 0 分26年5月2023日に公開

ヴェルサイユ宮殿、コンコルド広場、アレクサンドル3世橋、サンテティエンヌのスタッド・ジェフロワ・ギシャール 、マルセイユのマリーナ、サン・ドニの最新アクアティックセンター...... パリからタヒチまで、41会場で2024年パリオリンピックが開催されます。伝説的なモニュメントから環境に配慮した会場まで、すべての会場をご紹介します!

パリ:象徴的な舞台

エッフェル塔のふもとにあるシャン・ド・マルスでは、パリ・オリンピックの期間中、ビーチバレーのオリンピック大会が開催されます。
© Paris 2024 - エッフェル塔のふもとにあるシャン・ド・マルスでは、パリ・オリンピックの期間中、ビーチバレーのオリンピック大会が開催されます。

開催都市であるパリは、2024年大会のオリンピック会場15カ所(21競技)、パラリンピック会場11カ所(14競技)を擁します。 既存のスタジアムであるパルク・デ・プランス(サッカー)、ベルシー・アレナ(バスケットボール、体操競技、トランポリン、車椅子バスケットボール)、スタッド・ローラン・ギャロス(テニス、ボクシング、車椅子テニス)に加え、新しい施設も計画されており、アレナ・ポルト・ド・ラ・シャペルは、80%が緑化され、バイオ素材を使用したエコ設計の施設です(バドミントン、新体操、パラバドミントン、パラ・パワーリフティング)。

また、今回初めて、パリの象徴的な場所がアリーナへと変貌を遂げ、世界遺産とスポーツ・パフォーマンスが融合したスペクタクルが繰り広げられます。 クラシックなコンコルド広場でのブレイクダンス・バトルやBMXフリースタイル・レース、アレクサンドル3世橋でのサイクリング・タイムトライアルのフィニッシュ、1900年代のグラン・パレでのフェンシング、ネオ・ルネッサンス様式のオテル・ド・ヴィル前での伝説的なマラソンのスタートなど、パリはかつてないほどのパーティー会場となるのです!

パリ周辺:ヴェルサイユ宮殿と革新的なアクアティックセンター

2024年のオリンピック馬術競技の開催地として、フランスの遺産を代表するパリ近郊のヴェルサイユ宮殿が選ばれました。
© Paris 2024 - 2024年のオリンピック馬術競技の開催地として、フランスの遺産を代表するパリ近郊のヴェルサイユ宮殿が選ばれました。

イル・ド・フランス地方全体が、アスリートたちの活躍を期待しながら準備を進めています! フランスを代表するヴェルサイユ宮殿では、馬術、パラ陸上、五種競技が開催されます。 1924年オリンピックの中心地であったスタッド・デパルトモンタル・イヴ・デュ・マノワールは、ホッケー競技で100年ぶり2度目のオリンピックを祝います。 1998年サッカー・ワールドカップのために落成したサン・ドニのスタッド・ド・フランスは、ラグビー7人制、陸上競技、パラ陸上競技の舞台です。 太陽光発電パネルで覆われた5,000m2の屋根は、フランス最大級の都市型太陽光発電所となり、エネルギーの自給自足が可能なサン・ドニのアクアティック・センターは、すべて生物由来の材料で設計されています。

リール:パリから電車で1時間の街

パリ・オリンピックの期間中、ハンドボールのオリンピック大会は、オー・ド・フランス地域圏にあるリールのスタッド・ピエール・モーロワで開催されます
© Paris 2024 / Elisa / Valode & Pistre Architectes / Atelier Ferret Architectures - パリ・オリンピックの期間中、ハンドボールのオリンピック大会は、オー・ド・フランス地域圏にあるリールのスタッド・ピエール・モーロワで開催されます

ハンドボール世界選手権から7年、リールがそのバトンを受け継ぎます。 ヴィルヌーヴ・ダスクにあるスタッド・ピエール・モーロワでは、2024年パリ大会のハンドボール男女決勝戦が開催されます。 主要スポーツイベントのための環境配慮憲章に署名したこのスタジアムは、その壮麗な建築と、30分でクローズド・スタジアム・モードからオープン・スタジアム・モードに切り替えることができる最先端技術も備わっています。 オリンピックのバスケットボール・トーナメントの予選もこのスタジアムで行われ、その後、パリのベルシー・アレナで決勝が行われる予定です。

シャトールー:国立射撃場(パリから電車で2時間)

サントル・ヴァル・ド・ロワール地方のアンドル川のほとりにあるこの町は、中世の大修道院や修道院、19世紀の城などのモニュメントがあることで有名で、2024年パリ大会の射撃競技とパラスポーツ競技に出場する340人のオリンピック選手と160人のパラリンピック選手を迎える準備をしています。 ベリー地方は、この種目のチャンピオンでもあるのです。 80ヘクタールの敷地を持つ世界最大級の国立ティールスポルティフセンターがあり、2024年パリ大会の決勝戦を開催するために設計された新しい建物があります。 15以上のオリンピック射撃競技と13のパラリンピック・パラスポーツ競技がここで開催されます。

マルセイユ:セーリング競技 (パリから電車で3時間)

地中海のプロヴァンス地方にあるマルセイユのマリーナでは、2024年オリンピックのセーリング競技が開催されます。
© Golem Images / Paris 2024 - 地中海のプロヴァンス地方にあるマルセイユのマリーナでは、2024年オリンピックのセーリング競技が開催されます。

プロヴァンス地方のマルセイユは、潮流や潮の満ち引きがなく風も一定しているためセーリング競技に最適。 2024年のオリンピックに向けて、帆を揚げて準備を進めています。 40カ国から約330人の競技者がルーカス=ブランのマリーナに停泊し、混合ダブルハンド・ディンギー(470)からフォイル・ウィンドサーフィン(IQFoil)やカイトボードなどの新しい種目まで、10のカテゴリーで競い合います。

主要な航海イベントが数多く繰り広げられるこのフランスを代表する港へ敬意を表するものでもあります。北はラ・ネルトの丘から南はマルセイユの小川まで、毎年200近いセーリング競技が開催されています。

6つの街でサッカーフェスティバル

ペイ・ド・ラ・ロワール地方にあるナントは、2024年のオリンピックにおける男女サッカー大会の6つの開催都市のひとつ。
© Paris 2024 / Félix Fayolle / Nantes Métropole - ペイ・ド・ラ・ロワール地方にあるナントは、2024年のオリンピックにおける男女サッカー大会の6つの開催都市のひとつ。

ボルドー、ナント、リヨン、サンテティエンヌ、ニース、マルセイユ...... フランスサッカーを代表するこれら6都市が、2024年パリ大会のオリンピック・トーナメントに向けて、男子16チーム、女子11チームが再び集結します。 サン・テティエンヌのスタッド・ジェフロワ・ギシャールは最古のスタジアムで、1998年ワールドカップとユーロ2016の会場となったほか、ナントのボジョワール・スタジアムは2024年に開場40周年を迎えます。

ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーの壮大なデザインは、ランド地方の森を思わせる何百もの柱があり、エコ・デザインと密接に関係しています。 ニースのスタジアム アリアンツ・リヴィエラや、リヨンのスタジアム パルク・オリンピック・リヨンの屋根にはソーラーパネルが設置され、100%再生可能エネルギーで運営されています。

タヒチでサーフィン

2024年のオリンピックでは、サーフィン競技はタヒチの有名なタウポで行われます
© Paris 2024 - 2024年のオリンピックでは、サーフィン競技はタヒチの有名なタウポで行われます

それは世界で最も伝説的で厳選された波のひとつであり、サーフィンのチャンピオンなら誰もが征服したいと夢見るものです。 20年以上にわたって世界選手権のカレンダーに定着しているタヒチのタウポの波には、この種目で2度目のオリンピック出場となる世界最高のサーファー(男女ショートボード)が集結。 環境に配慮した壮大なスペクタクルで、競技終了後はほとんどすべての施設がなくなる予定です。

Delorme Anne-Claire

旅行ジャーナリスト

あわせて読みたい