フランスでハイキングができる自然遊歩道13選

インスピレーション

自然&アウトドア・アクティビティ

Senderismo en Normandía.
© by-studio / iStock / Getty Images Plus - Senderismo en Normandía.

読了目安時間: 0 分19 5月 2021 に公開

最も有名ないくつかのGR(自然遊歩道) に沿って歩みを進めることで、ゆっくりとフランスの姿が見えてきます。フランス中を縦横に歩いてお宝を(再)発見していただけるよう、13のルートを厳選して紹介します。

アルプス山脈で、ヨーロッパの屋根を周遊する

ブラン湖とモンブランの眺め
© Pavel Kašák / Adobe Stock - ブラン湖とモンブランの眺め

モン・ブラン登頂は論外でしょうが、GR TMB(Tour du Mont-Blanc:モン・ブラン一周自然遊歩道)は、シャモニー近くのレ・ズーシュLes Houchesを出発し、約10日間かけてヨーロッパの屋根を周遊するハイキング・コースです。氷河と針峰、山岳高地と万年雪・・。感動的な高い山々の景色が、国境を越えてスイスとイタリアにまで広がります。ボンノムBonhomme峠やブレヴァンBrévent峠などいくつかの峠越えの光景は、息をのむばかりです。しかもこのコースは、健康でさえあればどんなハイカーでも歩くことができるんです。

ノルマンディーのアラバスター海岸côte d’Albâtreで、海を見下ろす

ノルマンディー地方のエトルタ
© egon999 / Adobe Stock - ノルマンディー地方のエトルタ

「旅をすると人は謙虚になる。世界の中の自分の居場所がいかに小さいか、良くわかるから」。2021年、ノルマンディー地方がその生誕200周年を祝うギュスターヴ・フロベールGustave Flaubertの言葉です。小さき存在。散策して目がくらみそうなアラバスター海岸の断崖を目の前にすると、まさにそう思い知らされます。2020年、トレポールTréportからル・アーブルまでの「ノルマンディーの海岸線」が、フランス人の好きなGRに選ばれました。緑あふれる田園地帯、本格的な港、かわいらしい村々が、足取りをリズミカルにしてくれます。さあ、アルセーヌ・ルパンArsène Lupin某の冒険の舞台となったエトルタから出発しましょう。

プロヴァンスで、ナポレオンの足跡をたどる

シスタロンの城塞
© lamax / Adobe Stock - シスタロンの城塞

ナポレオン没後200年の今年、自分が近衛兵になった夢を見ませんか!GR406 (ナポレオン街道)は1815年、皇帝ナポレオンがエルバ島からフランスに上陸した後、王党派の街を避けて進んだルートです。散策コースはアルプ=ド=オート=プロヴァンス県の自然の中を通り、カステラーヌCastellane、ディーニュ=レ=バンDigne-Les-Bains、システロンSisteronといった田舎の魅力と素晴らしい遺産を持つ様々な街をつないで進みます。偉大なる歴史を最も間近に感じることができるハイキングをお約束いたします。

ブルターニュの海岸で、税関吏の道Sentier des Douaniersを歩く

クロゾン半島
© BERTHIER Emmanuel / Tourisme Bretagne - クロゾン半島

ブルターニュ地方を一周する税関吏の道(GR34:自然遊歩道34番ルート)の全区間のうち、12番目は、穏やかな湾と険しい崖が交互に織りなす最も美しい区間の一つです。イワシとクイニーアマン(どちらでもお好みで!)で有名なドゥアルヌネDouarnenezの港からラ岬Pointe du Razまで、遊歩道は続きます。ヒースの低木が広がる荒れ地から広大な砂浜まで、なぜこの地の果て(ラテン語でフィニス・テーレfinis terrae、フランス語でフィニステールFinistère)が、ウジェーヌ・ブーダンEugène Boudinからジュール・ブルトンJules Bretonに至る多くの画家たちにインスピレーションを与えてきたのかがわかります。

コルシカ島「大縦断」コースで、自己を乗り越える

コルシカ島のエギュイユ・ド・バベッラ
© Bruno Maltor/Votre Tour du Monde. - コルシカ島のエギュイユ・ド・バベッラ

コルシカは船乗りの土地ではなく牧夫の荒れ地、島ではなく波の上に置かれた山です。だからコルシカは、GR20(自然遊歩道20番ルート)が通る高地でこそ、その真の魂を明らかにするのです。とはいえ、このルートはベテラン・ハイカーに限られ、まちがっても誰もが冒険できる遊歩道ではありません。バヴェラBavella峠の頂上の切り立った針峰からカスカード・デ・ザングレ(cascades des Anglais:イギリス人の滝、の意味)、高地の村々から人里離れた湖まで、様々な景色に圧倒されます。全区間突破が難しければ、パリリPaliriからコンカConcaまでの最終区間だけでも、感じはお分かりいただけます。

ロワールを、クリーンな流れにする

オルレアンのロワール河畔
© Bestjobers - オルレアンのロワール河畔

馬車のことは忘れてください!今やロワール河岸探索の正しい手段は、徒歩か自転車です。最も勇敢な方々は、ロワール河の水源と河口を結ぶGR3(自然遊歩道3番ルート)全1,243mの突破を目指すでしょうが、多くの人は52区間のうちの一つ、例えばオルレアンからトゥールまでで満足します。歴代フランス国王に愛されたここヴァル・ド・ロワール地方は、洞穴の村々(トローTroo、ヴーヴレVouvray)、手入れの行き届いた庭園(ショーモン=シュル=ロワールChaumont-sur-Loire、ヴィランドリーVillandry)、そして高貴な数々のお城(ブロワ、シュヴェルニー、シャンボール、アンボワーズ)が、ロワール河流域の手つかずの景色にリズムを刻みます。

ヴォージュ山地の青いシルエットに感動する

バロン・デ・ボージュ地域自然公園
© PhotoGranary / Adobe Stock - バロン・デ・ボージュ地域自然公園

GR531(自然遊歩道531番ルート)は、ヴォージュ山地を縦断する自然遊歩道の中で最もアルザスらしいルート、というだけではありません。ヴォージュ・デュ・ノールVosges du Nord自然公園とバロン・デ・ヴォージュBallons des Vosges自然公園を通り、尾根をたどり山との頂にもアクセスしているのです。峠から峠(ブラモンBramont、ビュサンBussangなど)へ、アルプス山脈まで見通せる視界いっぱいの景色、とりわけグラン・ヴァントロンGrand Ventron(1,204m)からの眺めを楽しみながら、新鮮な空気を胸いっぱいに吸いましょう。より標高の低い谷間、例えばマンステール峡谷vallée de Munsterでは、ブドウ畑と村々で一息つきながら、土地の味覚を楽しむことができます。

パリの周囲で、メダルを獲得する

パリの内環状道路
© philosochieur / Adobe Stock - パリの内環状道路

ブールバール・デ・マレショー(boulevards des Maréchaux:パリ市内を取り巻く複数の帯状道路の総称)と旧環状鉄道路線を通るGR75(自然遊歩道75番ルート)は、パリを象徴する森(ブーローニュ、ヴァンセンヌ)と下町という、一風変わったパリを探索できます。オリンピック開催都市候補としてのパリをサポートするために、2017年に設置されたこの遊歩道は、1900年と1924年にオリンピックを開催し、そして再び2024年大会を迎える諸々の会場を見て回る、素晴らしいスポーツの場所でもあります。ジョニー・ワイズミュラーJohnny Weismuller (アメリカ合衆国代表のオリンピック水泳選手として、1924年のパリ・オリンピック大会などに出場。後に俳優として映画でターザン役を演じる)が1世紀前に活躍したジョルジュ・ヴァルレーGeorges Vallereyプールからパルク・デ・プランスparc des Princes(パリ16区のサッカー競技場)まで、金メダルを夢見ます・・・。

アルカッション湾の魅力を味わう

アルカション盆地にあるフェレ岬の灯台。
© SpiritProd33 / Adobe Stock - アルカション盆地にあるフェレ岬の灯台。

フェレ岬Cap Ferretのボヘミアン的な木造住宅が、アンデルノス=レ=バンAndernos-les-Bainsのカキ養殖者たちの小屋を見下ろしています。アルカッションの貴人たちのヴィラは、ピラ砂丘dune du Pilatの見渡す限り続く砂と調和しています。この多様性がGR「アルカッション湾周遊」自然遊歩道にアクセントをつけています。平坦な85㎞のこの遊歩道は、片側はこの「内海」に接し、もう片側は松の森の香りに満ちた、容易な散策コースです。散策のペースが落ちるのは、ヨウ素補給の休憩(グジャン=メストラスGujan-Mestrasのカキやル・テークLe Teichのキャビア)の時だけでしょう。そして風が耳元でやさしくささやきます・・。

セヴェンヌ山脈を、ロバと速足で駆ける

セヴェンヌでロバとハイキング
© Claudia / Adobe Stock - セヴェンヌでロバとハイキング

1878年、ロバート・ルイス・スティーヴンソンRobert Lewis Stevensonは彼のロバ、モデスティンヌModestineとともに中央山塊を縦断しました。この小説家が旅をしたGR70(自然遊歩道70番ルート)は、2020年の映画「セヴェンヌ地方のアントワネットAntoinette dans les Cévennes」のロケ地となったのですが、実はロバがいてもいなくても大丈夫なんです。ロバは強情ですが、荷物を運んでくれたり疲れた子供たちを癒してくれるので、とても重宝しますよ!散策コースはジェヴォーダンGévaudanの手つかずの森を探検し、ロゼール山Mont Lozèreの花崗岩質の堆石を通ります。途中、個性的な小さな村々(フロラックFlorac、サン=ジャン=デュ=ガールSaint-Jean-du-Gardなど)が、ハイカーとその4本脚のお供をお待ちしています。

ナントの周辺で、驚きに身を任せる

ナント、エルドル
© Mathieu / Adobe Stock - ナント、エルドル

長らく「眠れる森の都市」とあだ名されていた街が目覚めました!10年かけて、ナントは住みやすい街ランキングのトップに上りつめたのです。ナント島の再開発地区に象徴される文化的な高揚が見られる一方で、1,000haの公園と庭園を擁する「自然」という切り札も失われてはいません。まさにGRに認定されるだけのことはあった、と言えるでしょう!ナントの街を取り囲む散策コース「ナント地方Pays Nantais」は、南の野菜畑から北のエルドル谷vallée de l’Erdreまで、多様性あふれる散策コースです。 

ジュラ地方の息抜き散歩で、酸素を補給する

Laura MARCHAND Bourgogne-Franche-Comté Tourisme
© Laura MARCHAND Bourgogne-Franche-Comté Tourisme

ジュラ地方の息抜き散策コース(GR59:自然遊歩道59番ルート)は、芸術と歴史の街ドールDôleからパイプ作りで知られたサン=クロードSaint-Claudeまで、一風変わった「ヴァン・ジョーヌvin jaune(黄ワインの意味で、ジュラ地方で生産される特殊な白ワイン)」の産地アルボワArboisやシャトー=シャロンChâteau-Chalonのブドウ畑と、ユネスコ世界遺産に登録されている王立製塩所サラン=レ=バンSalins-les-Bainsを通ります。標高差でふくらはぎがパンパンになるかもしれませんが、コースは全てのハイカーがアクセス可能です。シャランChalain湖やボンリューBonlieu湖のほとりでのんびりしたり、緑の草原や深い森におおわれたオー=ジュラHaut-Jura自然公園の丘陵をそり犬と一緒に登る、爽快なハイキングを楽しめます。

ソンム湾baie de Sommeで、動物の生態を観察する

 ソンム湾のアザラシ
© Alonbou / Adobe Stock - ソンム湾のアザラシ

ハイカーたちが通り過ぎるのをいつも見ているので、ソンム湾でくつろいでいるアザラシはもう何も怖がりません!彼らこそ、2018年に認定を受けたGR800(自然遊歩道800番ルート)のスターです。中世にはじまり運河が張り巡らされたアミアンの湿地野菜畑を出発して海に出るまで、川沿いの散策コースをゆっくりと歩き、動物たちの聖地となった自然保護区を隅々まで見ることができます。陸あり水ありのこの旅路はまた、とりわけグラン=ラヴィエGrand-Laviers自然保護区のアヒル、マガモ、シラサギを観察する機会でもあります。双眼鏡が必須ですよ!

Beaurepère Thierry

続きを見る