le coq sportifとルノー・ジャポンのコラボキャンペーン!

インスピレーション

©

読了目安時間: 0 分30年9月2022日に公開

トップアスリートに革新的なアイテムを提供し、約40年間にわたり世界最高峰の自転車レース ツール・ド・フランスのオフィシャルサプライヤーを務めるフランスの総合スポーツブランド ルコックスポルティフとルノー・ジャポンとのコラボレーションキャンペーンが開催中されることになりました!

©

ルコックスポルティフ オリジナルイラスト入り自転車(1名様)

©

[キャンペーンページURL] http://special.lecoqsportif-jp.com/withbuddy/


ベルナール・イノーさんのプロフィール

あらゆる時代を通じて、最強のサイクリストのひとりに数えられるのがベルナール・イノー。1954年11月14日、フランスのイフィニアクに生まれたイノーは、1970年代後半から1980年代中頃までのプロサイクリングにおいて圧倒的な強さを示した。エディ・メルクス、ジャック・アンクティル、ミゲル・インドゥラインと並ぶツール・ド・フランス最多5勝の記録を打ち立てた。3度のジロ・デ・イタリア、2度のブエルタ・ア・エスパーニャもまた、多数ある彼の優勝歴リストの中に見ることができる。1978年にはフランスチャンピオン、そして1980年には世界チャンピオンにも輝いた。その気性の強さから『ブルターニュのアナグマ』とあだ名されたイノーは、パリ〜ルーベ(1981)や2度のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュといったモニュメント・クラシックも制覇。雪の中9分以上の差をつけ80kmを独走した1980年のLBLは今も語り草となっている。1986年にチームメイトのグレッグ・レモンのツール・ド・フランス初優勝をアシストしたのち、現役を引退。1987年から2017年の期間は、A.S.O.の業務としてツール・ド・フランスの表彰式の責任者を務めた。今日、イノーはサイクリングを趣味として楽しみながら、ガン研究のための資金援助活動を行なっている。

ルコックスポルティフとは

ルコックスポルティフは1882年フランスのロミリー・シェルセーヌで誕生した、現存する総合スポーツブランドとして135年を越える歴史を持つブランドです。ロゴマークである“鶏”はフランスの国鳥であり、古来フランス地方に移住し始めたガリア族の旗印が“戦う鶏”であったことからフランス人にとって神聖なシンボルとして特別な意味を持っています。品質の高さで名声を得たカミュゼ社のスポーツウェアは20世紀初めから名門スポーツクラブから注目を集め、トップアスリートに革新的なアイテムを提供し、スポーツの歴史を作ってきました。また1951年、世界最高峰の自転車レースであるツール・ド・フランスにスポーツブランドとしては初めてスポンサーとなり、約40年間にわたりオフィシャルサプライヤーを務め、2012年から再びツール・ド・フランスのオフィシャルサプライヤーとなりました。 https://www.lecoqsportif-jp.com/

ルノー・ジャポンとは

ルノーは、1898年に創業し、昨年12月24日に120周年を迎えたフランスを代表する自動車メーカーです。「生活を楽しむ」という文化が根付いているフランスで造られる車は、機能的であることはもちろん、デザイン性が高く、フランスの風景に映える個性的なボディカラーが特徴です。ルノー・ジャポンは、「Passion for life」をスローガンに、お客様の好きなことや楽しみ、そして毎日の豊かな生活を、ルノー車を通じてサポートすることを目指しています。 http://www.renault.jp/

France.fr

あなたの知らなかった、新しいフランスの魅力をお伝えします。

あわせて読みたい