ケ・ブランリー美術館

インスピレーション

パリ文化・遺産

ViaFrance
© ViaFrance

読了目安時間: 0 分1年1月2012日に公開

「文化を語る場所」

2006年に開館したケ・ブランリー美術館は、非西洋的な芸術を集め、人々に発信するという目的があります。 現在、オセアニア、アジア、アフリカ、アメリカの約3600以上の作品を展示しています。 美術館は、楽器、歴史(発見やフランス植民地の歴史に関するもの)、テキスタイルの3つのセクションに分かれています。 ジャン・ヌーベルによって設計された建物は、現代的で素晴らしい展示室になっており、ピロティーの上にあるガラスのタラップには豊かな植物が植えられています。 パトリック・ブランによって考案された植物で飾られた壁には、中国や日本、アメリカ、中欧の植物が使われています。

最寄駅: メトロ9号線 «Alma-Marceau» / RER・C線 «Pont d'Alma»

Marianne Franke
© Marianne Franke

France.fr Rédaction

France.fr編集部はフランスのトレンドや最新のニュースをお届けします。