ラグビーワールドカップ2023:フランスはスクラムの中へ!

国外からの来訪者が60万人、選手総数660名、250万枚の観戦入場券。フランスは2023年、史上10回目のラグビーワールドカップ開催国として世界を迎えます。計48試合が行われるフランス全土の10都市は、9月8日から10月28日までスポーツと祝祭ムードで熱い秋となることでしょう。リール、サン・テティエンヌ、リヨン、ニース、マルセイユ、トゥールーズ、ボルドー、ナント、パリ/サン・ドニの各都市は、訪れるサポーターに(そしてそれ以外の人たちにも!)それぞれの魅力を最大限に発揮して大満足させてくれるに違いありません。美食、和気あいあいの雰囲気、フランス式人生の楽しみ方、文化遺産に絶景の数々…が彼らを待っているのですから。開幕を1年後に控えてFrance.frでは特設サイトをご用意し、ワールドカップという一大イベントを何一つ見のがさないための鍵をご提供します。ラグビーと同時に、フランスの美術館・博物館、ブドウ畑とワイナリー、自転車ロード、レストランやバーなどで本物のフランス、意外なフランスに触れる体験もぜひ!52日の大会期間中にハイシーズン外のフランスに親しみ、「French Flair」というアイコンを分かち合ってください。